ニードル脱毛と脱毛器、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

機器を使用した脱毛には、代表的なものではニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ(光)脱毛があります。

ニードル脱毛は、針を毛穴に刺して電気を流す脱毛法です。
レーザー脱毛は医療機関において出力の高いレーザー光を肌に照射して行う脱毛法です。

フラッシュ脱毛はエステサロンなどで行っている脱毛法で、レーザー脱毛と仕組みはほぼ同じですが、光の出力が低いため効果もこの中で最も弱くなります。
家庭用脱毛器も同じくフラッシュ脱毛の機器ですが、エステサロンで使用するものよりさらに出力は低くなっています。

ニードル脱毛と脱毛器を比べた場合、脱毛の仕上がり(発毛の再生率の低さ)という点では圧倒的にニードル脱毛が優れています。
毛穴ひとつひとつに確実に施術することができるからです。
しかし、ニードル脱毛は、施術に強い痛みがともないます。

また、人によっては毛穴のトラブルが起こりやすいというリスクがあります。
施術者の高い技術も必要になるため、施術する機関は信頼できるところをよく吟味する必要があるでしょう。
また、面で光を照射するレーザーやフラッシュに比べて、毛穴ひとつひとつに施術をするため1回の施術時間が大変長くなり、費用も高額になります。

その点、手軽さという点で優れているのが家庭用脱毛器です。最近ではエステサロンで使用する機器と同じくらい強いフラッシュ光が出力できるモデルなども販売されています。

しかし、性能の良いモデルは価格も5~10万円となり、エステサロンに通うのとあまり変わらない金額になる場合もあるでしょう。
しかし、時間のあいたときを見つけてこまめに施術できるのは大きなメリットです。

自分で行うため手の届きにくい部分や見えない部分は施術が難しくなり、
仕上がりという点ではやや劣るかもしれませんが、エステに通う時間のない忙しい方などには最適と言えるでしょう。