ニードル脱毛とブラジリアンワックスの違いって?どっちがいいの?!

むだ毛の悩みは年齢を問わず多くの女性の悩みです。
季節を問わず、つるつるの美しい肌を保ち続ける事は女性の希望であり願いです。
そのために、エステサロンで脱毛をしたり自分自身でむだ毛のケアをする方は多いのではないでしょうか。

ケアをするための方法は数多く有りますが、その中でも特に人気があるニードル脱毛とブラジリアンワックスの違いについて説明したいと思います。
ニードル脱毛とは、15年ぐらいまでは主流であった脱毛の方法です。
ニードルと呼ばれる針状の器具を毛穴に通して、微弱な電流10秒から20秒程度を流します。
そして、電流の熱で毛根にダメージを与えて毛が生えにくくなるようにするものです。

エステティシャンの技術にもよりますが、場合によっては痛みや炎症を起こす可能性もあります。資格を持ったエステティシャンしか行う事が出来ず、クリニックなどで施術が行われる場合も有ります。

ブラジリアンワックスとは、きわどい水着を着る事が多いブラジルで生まれた脱毛方法です。
ワックスを脱毛したい部分に塗り、粘着力で一気にむだ毛を抜いてしまう方法です。
痛みを伴う場合も有りますが、繰り返し行う事で毛根が弱まり、むだ毛が生えにくくなる効果が期待できます。
広範囲の脱毛を行う事が出来るので、背中などの広い部分の脱毛を子なう事が出来ます。

また、デリケートゾーンに使う事も出来るため、アンダーヘアをブラジリアンワックスで脱毛している方も多くいます。
また、脱毛セットを販売してる場合も有り、自宅で脱毛を行う事も出来ます。

ニードル脱毛にしてもブラジリアンワックスにしても、それぞれメリットとデメリットがあります。
それぞれの違いを認識した上で、自分に合う脱毛方法を選択すると良いでしょう。