ニードル脱毛の行程ってどんな事するの?気になっていること教えます!

ニードル脱毛は針を毛穴に刺して電流を流して毛根に直接ダメージを与え、ムダ毛の処理をする方法です。
ニードル脱毛はムダ毛が5〜10mm程度伸びた状態で施術を行ないます。
ニードル脱毛の施術行程は、毛穴に針を入れ電気を10〜20秒流します。
この行程をムダ毛の1本ずつ繰り返して行ない、針を毛穴に刺す際に痛みが発生しますが、
個人差があり痛みを強く感じる場合には、医療機関での施術であれば麻酔を使用することも可能です。

ムダ毛の施術にはレーザー脱毛や光脱毛がありますが、確実に脱毛効果を得られるのはニードルを使用した施術です。
完璧な永久脱毛を望むのであればニードル脱毛を選択する必要があります。また、色素沈着を起こした皮膚や埋没毛などのエステサロンなどでは脱毛ができない場合でも施術が可能です。
1本ずつ施術をするため根気のいる脱毛法ですが、ニードルでの施術は、脱毛を実感できる施術です。

ニードル脱毛のデメリットは、針を使用した施術なため、痛みは強いです。また出血や炎症、色素沈着を起こす可能性も否めません。
施術の料金も施術範囲ではなく、時間で設定されていることが殆どなので、毛量が多い場合は高額になることもあります。
施術する際には、5〜10mmはムダ毛を伸ばす必要があるため、露出する部分などは施術の時期を考える必要があります。

ニードル脱毛は、痛みや料金が高額、ムダ毛を伸ばす必要があるなどデメリットがあります。しかし、痛みについては麻酔などを使用している医療機関を選択したり、狭い範囲の施術や、他の施術方法では対応できないホクロや日焼けした肌への脱毛施術などを部分的に行なうのであれば良い選択と言えます。
また、永久脱毛を希望する場合は、ニードルを使用した脱毛を選択する必要があります。