レーザー脱毛ができない部位ってあるの?全身できる?できない?

これからレーザー脱毛したいけれど、本当に全身できるのか疑問。できない部位はあるのでしょうか。
実はできない部位もあるのです。部位というよりも箇所といった方が適切かもしれません。
というのはレーザー脱毛は黒い色に反応する光を使った脱毛法です。
照射前には予めムダ毛を剃っておきます。そして照射することで肌内部の毛根にだけダメージを与えることに成功、これによって脱毛を進めるのです。

ここで考えてみてください。
光は黒色に反応するのです。
つまり照射部位に毛根以外の黒い色があった場合、そこに光が反応して熱ダメージを与え、火傷の恐れがあるのです。
そのため、シミやほくろ、タトゥーなどがある部分には照射できません。
また、毛根に熱ダメージを与えて破壊するだけの威力がある光を照射するのですから、肌の弱い部分も照射できません。
具体的にはIラインやOラインの粘膜の部分には照射できないケースがほとんどです。
それとアトピーなどで炎症を起こしていたり、傷がある場合でも照射できません。
光によって炎症が悪化したり、傷が治りにくくなる可能性があるからです。

また、顔に関しては目の周りは照射できないケースがほとんどです。
目は黒色をしているので、目に光が反応したら大変なことになるからです。
また、インプラントや差し歯をしている場合、場合によっては口周りの照射ができないケースもあります。
レーザーが金属に反応して熱ダメージを与える可能性があるからです。
ただ、これに関しては各クリニックによって対応が異なるので、該当する場合はカウンセリングで事前に確認するといいでしょう。

このようにレーザー脱毛できない部分はあります。
ただ、それは部位的な問題ではなく、肌の色や強さが問題なので、ほぼ全身可能と思っていいでしょう。ほくろやシミなど、
色が黒くて照射できない部分だけ針脱毛で局所的に対応するという選択肢もあります。