レーザー脱毛って身体に影響ないの?本当に安全?

レーザー脱毛は体毛にレーザーを照射する事で脱毛する事が出来るのですが、そのような効果があるレーザーを身体に向けて照射するのであれば、
他にも何か影響が出るのではないか、本当に安全なのかを心配する人もいます。

自分の身体の事に関わる事なので、安全であるかどうかを気にするのはとても大切な事ではありますが、基本的には心配する必要はないと言えます。
レーザー脱毛がどのようにして脱毛しているのかというと、光には選択的に特定の部分に対してのみ影響を与える効果があるという事が分かっていて、黒い色素に対して効果がある光を用いています。

どうして黒い色素なのかというと、一般的な日本人の体毛は黒い色をしているからであり、
肌の色は異なるので肌に対しては基本的に作用しないように考えられているのです。

だからこそレーザーを照射する際には肌にも当たりますが、肌には影響が無いようになっているのです。
ただし、肌が日焼けしているなどで黒くなっている場合はレーザーが肌にも反応してしまうために行う事が出来ませんが、
きちんとした知識がある施術者が行うのであれば、そのような行為は行わないので安心しても良いです。
レーザーは肌への透過性はほとんど無く、皮膚のごく浅い表面の部分にしか届かないようになっているので、
レーザー脱毛をした際に身体の内部に悪影響がある可能性は無いと言えます。

また、皮膚ガンを心配する人もいますが、その点についても問題なく、皮膚ガンの原因となるのは紫外線であり、
レーザー脱毛で用いられている光は全く違う光を用いているので、レーザー脱毛を行ったからと言って皮膚ガンになる事は無いです。

可能性があるとすれば火傷ですが、きちんと取り扱っている分には軽い火傷になる事はありますが、そこまで深刻な火傷を負う心配はほとんどないです。