レーザー脱毛と脱毛クリーム、痛くないのはどっち?

ムダ毛処理方法の中でも比較的きれいな仕上がりになるレーザー脱毛と脱毛クリーム。
仕上がりがきれいなのはもちろん、処理の際の痛みに関してはどうなのでしょうか。

レーザー脱毛の方が痛いようです。
もちろん感受性は人それぞれなので何とも言えませんが、大ざっぱにいうとレーザー脱毛はレーザーで毛根を焼いて処理する方法なので、
その際に痛みを伴うのです。
特にVIOなどの色素沈着強めでしかも粘膜に近い部分や、元々皮膚がデリケートな顔などはそれなりに痛いようです。
輪ゴムで弾くような痛みとよく例えられますが、それほど痛くないという方もいれば、それどころではないという方もいます。
ただ、あまりに耐えられないような場合は、医療機関なので麻酔が使えます。
表面麻酔はもちろん、クリニックによっては笑気ガスも用意されているので、痛いのが怖いなら麻酔完備のクリニックを選ぶといいでしょう。

それに対して脱毛クリームは塗って一定時間放置し、クリームを落とすという方法なので、基本的に痛くはありません。
ただ、毛を溶かすだけの強力な成分を肌に塗るわけですから、そもそも肌の弱い方にはあまりおすすめできません。
クリームを塗って痛い場合は肌に合っていない証拠なので使うべきではありません。
また塗った時は良かったけれど、落とした後に赤くなったり肌荒れしたりした場合もやはり肌に合わない証拠なので、残念ながら使用はやめるべきです。

以上のことからレーザー脱毛と脱毛クリーム、痛くないのは脱毛クリームとなりました。
ただ、クリームでは見えている毛を溶かしただけなので、その効果は数日と一時的。それに対してレーザー脱毛は照射時は痛いかもしれませんが、
一旦ツルツルになれば永久脱毛が可能と、それぞれ一長一短あります。
自分の用途に合った方を選ぶといいでしょう。